精神科リハビリテーションの技法の概念についてまとめなさい

閲覧数6,576
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神保健福祉士養成 評価 優(原稿用紙設定1,148字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アンソニーは精神科リハビリテーションについて、「長期に渡り精神障害を抱える人が、専門家による最小限の介入で、その機能を回復するのを助け、自分の選んだ環境で落ち着き、自分の生活に満足することができるようにすることである」と定義付けている。また精神科リハビリテーションは「当事者自身が主体者」であり、「生活の質を重視する」という原則の下で、側面的に支援することが基本となっている。
    精神科領域におけるリハビリテーションという言葉が使われ始めたのは、1941年のイギリスにおける障害者リハビリテーション施策であり、当時の中心的な技法は職業リハビリテーションであった。
    我が国においては、第二次世界大戦後より精神科リハビリテーションが本格的に展開し、種類としては作業療法やレクリエーション療法、また生活指導といった生活療法など入院治療を中心とするものであり、1965年の中央精神衛生審議会において漸く地域精神医療への転換が主張されることとなった。
    欧米では1960年代に脱施設化運動と地域精神医療がすすめられ、特にアメリカにおいては精神保健に関する大統領教書として、1963年の「ケネディ教書」を基に地域精神..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。