「自殺対策加速化プラン」について、今後の課題を論述しなさい

閲覧数2,056
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神保健福祉士養成 評価 優(原稿用紙設定1,182字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における自殺者は、平成9 年までは2 万4 千人前後で推移していたが、平成10 年には一挙に3万人を超え、現在も3 万人前後といった高い水準で推移している。
    全世代における自殺の動機をみると、「健康問題」が圧倒的に多く、次いで「経済・生活問題」が占めている。また20歳代では「勤務問題」が、30歳代以上に至っては「家庭問題」が目立つ。そして地域に着目すると精神疾患や精神障害者、および自殺未遂者などへの差別や偏見が根強く残っているところもある。身近な存在である家族や職場の同僚をはじめ、相談関係機関などへ支援を求められないといったことから失望感や孤独感がより強化されることで、悪循環から抜け出すこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。