精神科外来者のインテーク面接を行う際の留意点を述べなさい

閲覧数2,945
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神保健福祉士養成 評価 優(原稿用紙設定1,191字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初めて来談するクライエントは自身の抱える問題の不安と、「この人に私の心の悩みを打ち明けても、否定されたり笑われたりしないだろうか」という援助者に対する不安との「二重の不安」が混在するものと考える。
    インテーク面接における主な目的は、クライエントが抱いている問題を傾聴することによって、クライエントの相談の主旨を明確化し内容を把握して、その機関の目的や機能に合致するかどうかを判断することにある。また人は自分に対して、心から関心を抱いてくれる人を好む傾向があるといわれる。そういった意味においても受容的且つ共感的な態度を示すことで、どのような内容の話でも受け入れるといった雰囲気づくりに努め、また不安や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。