2016年度 学校教育職入門 S0525 A評価

閲覧数371
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テキストを中心に纏め完成させました。

    「教職員に求められる資質について詳細な考察がなされています。とりわけ教師の資質に言及した中央教育審議会(1997)や教育職員養成審議会(1997)の各答申について詳しく記されており、設題の趣旨が正確に把握され大変よくまとまっています。
    今後の学習としては文部科学省がこれまでのゆとり教育の路線を方向転換し、基礎・基本的な学力の習得に向かう現状も考慮に入れてください。」との所見を頂いていますので、レポート内容の組み立てに役立つのではと思います。

    勉強の参考にして下されば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育職入門 S0525 評価A
    設問:現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。
    このレポートは
    1、教師に求められる資質とは
    2、今後特に教員に求められる具体的資質能力
    3、自分が教壇に立った時にどのような教師を目指すのか
    の3部構成です。
    教師に求められる資質とは
    ①いつの時代も教員に求められる資質能力
    昭和62年12月18日付けの本審議会答申では「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能等の総体」との意味内容があり、後天的に形成可能なものと解釈されている。この一般的資質能力を持つことが必須である。
    また、多様な知識に裏付けられた教科指導・生徒指導学級経営などの実践的指導力も必須である。さらに指導内容や指導方法、授業形態を長年の研究成果の蓄積によるものに依存するのではなく、弛まない授業研究などを通しての「より良い授業と指導の創造」なくしては教育の目的を達成することはできない。教材を生かし、適切なハードルを設け、生徒には勉強の方法を伝えたうえでルーティン化を図らねばなら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。