平和構築論最終レポート(早稲田、社会科学)

閲覧数2,362
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    早稲田大学/社会科学部/講義「平和構築論」 最終レポート

    テーマ:最近の議論で、西欧型のリベラル・ガバナンスの問題点が指摘されているが、それはなぜか。併せて、ポスト・リベラル・ガバナンスの議論も踏まえて、論じなさい。

    A評価

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平和構築論 最終レポート

    テーマ

    最近の議論で、西欧型のリベラル・ガバナンスの問題点が指摘されているが、それはなぜか。併せて、ポスト・リベラル・ガバナンスの議論も踏まえて、論じなさい。
    解答

    紛争後の平和構築は国連カンボジア暫定政府(UNTAC)に代表されるように、停戦監視や軍事監視国派遣のほかにも行政支援や選挙実施など制度構築も行っている。制度構築は主に3点あり、①政治制度構築、②行政制度構築、③法制度構築が挙げられる。①政治制度構築は紛争の再発を防止し、少数民族やジェンダーに配慮した選挙法の起草を行う。②行政制度構築は警察・司法分野に代表される治安部門の再構築を最重要課題としている。...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。